【ナイターレース開催は現在6会場。バラエティーに富んだ多彩な決まり手が魅力】

私はボートの知識が皆無でしたので、不安でいっぱいでした。
ただ、こんな私を担当の方が親身になって教えて下さり、投票もできるようになりました。
まだまだ分からないことだらけですが、必勝様に付いていく覚悟でおります
http://www.h-boatrace.net/?dkdnl&cc=dkdnl

【ナイターレース開催は現在6会場。バラエティーに富んだ多彩な決まり手が魅力】

ナイターレースは現在、桐生・蒲郡・丸亀・住之江・若松・下関の6会場で開催されています。

時間はおよそ15時台から始まり、20時30分~40分頃が最終レースの締め切りです。

平日の仕事のあと等でも舟券を購入できますし、なんといっても照明で照らされた水面で競う姿は見ていても迫力がありますね。

夏も近づいてきたので本場にも足を是非運びたいものです。

ナイターレースを展望する際の大きな着目点は、やはり気温と風。

気温の変化や風等の天候の変化は、日中開催の競艇場とは違い、その差も大きいものです。

競艇では一日のレースで2回走るのがポピュラーですが、ナイターレースでは1回目と2回目で走り方が大きく変わる選手も少なくありません。

この一日を通して変化の激しい気温及び水温や風(海水面では潮位)など、臨機応変に対応できる選手がいわゆるナイター巧者と呼ばれています。

蒲郡競艇場では去年の10月に、ナイター勝率の高い選手だけを集めた“ナイター巧者選抜戦”が開催され、各選手がナイターレースの上手さを披露。また選手インタビューではそのコツや着眼点を紹介し舟券戦略をする際の大きな参考になりました。

ナイターレースの難しさの一つとして、選手が口を揃えて言うのが水面に照明設備が反射し水面が見づらいということ。そんな中ナイターでの勝率が高い選手はやはり実力があると言えます。

バラエティーに富んだ決まり手も楽しめる、ナイターレースを今後も楽しんでいきたいですね。

私はボートの知識が皆無でしたので、不安でいっぱいでした。
ただ、こんな私を担当の方が親身になって教えて下さり、投票もできるようになりました。
まだまだ分からないことだらけですが、必勝様に付いていく覚悟でおります
http://www.h-boatrace.net/?dkdnl&cc=dkdnl

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ